MWFC official site

溝の口を拠点に活動するMWFC公式BLOG

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lothar Matthäusの巻

ローター・マテウス(Lothar Matthäus 、1961年3月21日 - )は、ドイツの元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。
マテウス


ドイツ代表として歴代最多の150試合出場、5度のワールドカップ出場、ワールドカップ最多出場記録(25試合)を達成する等、20年間に渡り第一線で現役を続けた、1980年代から1990年代のドイツを代表する選手である。
1990年の1990 FIFAワールドカップにおいて主将としてドイツを3度目の優勝に導き、同年に欧州年間最優秀選手、1991年にはFIFA最優秀選手賞を受賞するなどの評価を得た。また引退後の2004年にはペレが選ぶ『偉大なサッカー選手100人』(FIFA100)にも選ばれている。

若い頃はその強靭な肉体と豊富な運動量を生かした守備的MFであったが、20代中盤頃からは、守備能力だけでなくミドルレンジからの強烈なシュートやパスセンスを武器に攻撃的MFを担当。選手キャリアの後半にはリベロとしてプレーし、最後尾からチームを統率した。

ピッチ上では強烈なリーダーシップを発揮する一方で気性の激しい人物としても知られ、若い頃からチームメイトや監督とのトラブルが絶えなかった

同じようなポジションの変遷を辿っている皇帝ベッケンバウアーや、同世代のマラドーナらの偉人達と比較される事もあるが、タイトル獲得の実績に遜色はない。天才と呼ばれ華やかな活躍をした彼らとは対照的に、こつこつと実力を伸ばしていった後に栄光を勝ち取った秀才型の選手と言える。

また、運動量や体力を前面に出したサッカーが主流となった現代においてMF・DFのほぼ全てのポジションをこなし、高いレベルでプレーが出来る最高のユーティリティー・プレーヤーとの評価もある


http://www.youtube.com/watch?v=L0w50T70ylY
スポンサーサイト

| コラム | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Peter Schmeichelの巻

ピーター・ボールスロウ・シュマイケル MBE (Peter Boleslaw Schmeichel MBE、ペーデル・ボレスラフ・シュマイヒェル、 1963年11月18日 - )は、デンマーク出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。


シュマイケル


リカルド・サモラ、レフ・ヤシン、ゴードン・バンクス 、ディノ・ゾフ、らと共に20世紀最高のGKの1人に挙げられる。愛称は“白い巨人”。190cmを越す巨漢で、ゴールエリア外に飛び出すプレーはあまり得意ではないが、ゴールライン上での圧倒的な存在感を放ち、ハイボールや至近距離からのシュートに抜群の反応を見せた。特に、相手ストライカーとの1対1の場面では類まれな勝負強さを発揮し、相手がシュートやフェイントをかけるまで両足をずっと地面につけたまま決して動こうとしなかった。これは先に動いた方が負けという信念を持っており、そして最後までボールの動きをじっくり見るためであった。



http://www.youtube.com/watch?v=zvZf5Zp-27Y

| コラム | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Éric Cantonaの巻

エリック・ダニエル・ピエール・カントナ(Éric Daniel Pierre Cantona、1966年5月24日 -)は、フランス代表の元サッカー選手、俳優。マンチェスター・ユナイテッドでプロのサッカー選手としてのキャリアを終えた。
cantna.jpg




マンチェスター・ユナイテッドでは、FAカップとの2度のダブル(2冠)を含め、4度のリーグ優勝を経験した。
カントナは低迷していたマンチェスター・ユナイテッドの復活に貢献した中心選手であると考えられており、自身もクラブとイングランドのサッカーの看板選手たる地位に立っていることを楽しんでいた。2001年には、マンチェスター・ユナイテッドの20世紀最高のサッカー選手(Manchester United's player of the century)に選ばれ、「キング・エリック」のニックネームで親しまれている。


EURO1996のフランス代表発表の際にジネディーヌ・ジダンが頭角を現してきたことや世代交代の波もあり、カントナはフランス代表から外された。当時のフランス代表監督のエメ・ジャケは、カントナに代表落選を告げる時のことを「死ぬほど怖かった」と語っている。


またファーガソンはカントナについて「確かにカントナには数えきれない程の欠点がある。彼は人の指図を受けない人間だ。しかし、彼が我がクラブにもたらした最大の功績は、完璧を目指すならトレーニングを疎かにするなということを思い出させてくれたことだ」と語っている。彼の練習熱心さはベッカムを始めとするチームメイトに大きな影響を与えた。
マンチェスター・ユナイテッドFCにて、ファンが選ぶ歴代NO.1「7」に選ばれる。



http://www.youtube.com/watch?v=_QrPJZjDUK0&feature=fvw

| コラム | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Marco van Bastenの巻

マルコ・ファン・バステン(Marco van Basten, 1964年10月31日 - )は、オランダ・ユトレヒト出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。元オランダ代表監督であり、元エールディヴィジ・アヤックスの監督。「オランダトリオ」のひとり。
ファンバステン



1980年代から1990年代初頭を代表するフォワード。現役時代に3度のバロンドール(1988年、1989年、1992年)と1度のFIFA最優秀選手賞(1992年)を受賞した経験を持つ。プロデビューは17歳のときで、先発のヨハン・クライフが自ら指名して交替出場。その試合でハットトリックを達成している。

1987年から在籍したイタリアセリエAのACミランでは、ルート・フリット、フランク・ライカールトらと共に「オランダトリオ」と呼ばれ、国内リーグ優勝やUEFAチャンピオンズカップなどの数々のタイトルを獲得。ACミラン黄金期の象徴的存在となった。

キャリア全盛期を過ごしたACミランでは、ファンに「神は8日目にマルコを創造した」とまで言わしめたほど。彼が引退を表明した直後のシーズンにはホームスタジアムの観客席に「マルコのいないサン・シーロは羽の無い風車だ」という横断幕が掲げられた。

「9本のスーパーゴールと10本の平凡なゴール、どちらかを選べというなら僕は迷わず10本の方を選ぶよ」という発言を残している



| コラム | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Zvonimir Bobanの巻

ズヴォニミル・ボバン(Zvonimir Boban、1968年10月8日 - )は、クロアチア・イモツキ出身の元サッカー選手。
ボバン



ユーゴスラビアの名門クラブ、ディナモ・ザグレブでプロデビューし、18歳にしてキャプテンを務める。1990年5月13日、クロアチアとセルビアの対立を背景にしたディナモ・ザグレブ対レッドスター・ベオグラードの試合で起こった暴動の際に、セルビア側の警官隊と乱闘を起こし、9ヶ月間の出場停止処分を受け、ワールドカップ・イタリア大会を棒に振る。

1991年、謹慎が解けると才能を見込まれてセリエAのACミランへ入団。1年間バーリへレンタル移籍した後、ACミランの主力選手として活躍し、冷静な戦術眼でチームを牽引したが、度々外国籍枠に悩まされた。

ユーゴスラビア代表では8試合に出場して1得点(フェロー諸島戦でクロスを足で流し込み得点)。1989年に行われた親善試合のブラジル戦では後半から途中出場してストイコビッチ、サビチェビッチ、プロシネチキと中盤を組み一緒にプレー。当時のユーゴを代表する4人のテクニシャンが一堂に会したのはこの試合だけである

ユーゴスラビアが解体し、クロアチア代表として臨んだUEFA欧州選手権1996ではベスト8に進出し、褒賞金を孤児の教育費や戦火で荒廃した故郷の復興費にあてた。





| コラム | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。